歯磨き粉 安全 ランキング

安全な歯磨き粉ランキング!

 

歯磨き粉,安全,ランキング

 

 

市販されている歯磨き粉の多くは体によく無い成分が多少ですが含まれています。

 

量的には安全なはずですが、100%大丈夫という保証もないので、不安になってしまいますよね。

 

そこで、そのような成分が含まれていない安全な歯磨き粉を人気順にランキング形式でご紹介したいと思います。

 

 

 

 

 

プロポデンタルリンスR&C

 

歯磨き粉,安全,ランキング

 

>>歯周病菌をスッキリ殺菌!プロポリス配合!薬用液体ハミガキ【プロポデンタルリンス】

 

 

プロポデンタルリンスR&Cの特徴

 

・もっとも強力なブラジル産プロポリスを配合

 

  プロポリスは、消毒・殺菌効果が非常に高いのが特徴で、その殺菌力で歯周病や口臭を予防します。

 

・薬用成分イソプロピルメチルフェノール(IPMP)

 

  有効成分が浸透しにくい歯周病バイオフィルムに浸透して歯周病菌を殺菌し歯周病や口臭を防ぎます。

 

・塩化セシルピリジニウム(CPC)

 

  殺菌作用によって歯垢の形成を抑え歯周病や口臭を予防します。

 

・酢酸トコフェロール(ビタミンE)

 

  血行を促進し歯茎を活性化させることによって歯周病や口臭を予防します。

 

・キシリトール

 

  虫歯原因菌の成長を抑制します。

 

・カンゾウエキス

 

  抗炎症作用があり歯周病の炎症を緩和します。

 

・茶エキス

 

  消臭作用があるので歯周病による口臭に効果を発揮します。

 

・トウキエキス

 

  血行促進作用、抗炎症作用があり歯周病の症状を和らげます。

 

・液体タイプなので、口腔内の隅々まで行き渡らせることができます。

 

・防腐剤、研磨剤、発泡剤は配合していません。

 

 

>>歯周病菌をスッキリ殺菌!プロポリス配合!薬用液体ハミガキ【プロポデンタルリンス】

 

 

 

 

 

プロポデンタルEX

 

歯磨き粉,安全,ランキング

 

>>歯周病専門薬用プロポリスハミガキ

 

 

プロポデンタルEXの特徴

 

・累計750万本も販売実績のある人気商品。

 

・殺菌作用のある薬用成分が歯周病菌や虫歯菌、口臭を抑えます。

 

・歯茎の血行を良くして、歯周病を予防します。

 

・生薬から抽出されてたグリチルリチン酸やフラボノイドが歯周病を予防します。

 

・強力なブラジル産プロポリスを配合。

 

・歯科医との共同開発

 

 

>>歯周病専門薬用プロポリスハミガキ

 

 

 

 

 

なたまめ柿渋歯磨き

 

歯磨き粉,安全,ランキング

 

>>なたまめ柿渋歯磨き

 

 

なたまめ柿渋歯磨きの特徴

 

・モンドセレクションで金賞を受賞

 

  モンドセレクションとは味覚や衛生面、パッケージに記載されている成分などが正しいか、原材料などの項目があり、専門家や評論家が審査を行います。

 

・上質な天王柿の柿渋エキスを配合

 

  柿渋には防腐作用や殺菌作用があり、歯周病の症状や口臭を緩和します。

 

・界面活性剤や発泡剤を含んできません。

 

・サンゴや貝殻など、天然由来の研磨剤を使用

 

・なたまめエキスを配合

 

  血行促進効果や免疫力の向上、排膿作用(膿を出す)などがあり、歯周病の改善、口臭に効果があります。

 

・天然塩やグリチルリチン酸ジカリウムを配合

 

  歯周病の予防、口臭の防止に効果があります。

 

 

>>なたまめ柿渋歯磨き

 

 

 

 

 

オーラパール

 

歯磨き粉,安全,ランキング

 

>>薬用OraPearl

 

 

オーラパールの特性

 

・歯周病予防成分のみならず、ホワイトニングで歯が白くなる

 

・ハイドロキシアパタイト

 

  歯のダメージを修復し白く輝かせる

 

・塩化ナトリウム

 

  歯茎を引き締め出血を抑制する

 

・マクロゴール400

 

  タバコのヤニなど歯に沈着した汚れを溶解

 

・イソプロピルメチルフェノール

 

  歯周病菌などといった雑菌を消毒する

 

・グルチルリチン酸

 

  歯ぐきの炎症を抑制する

 

・ゼオライト

 

  歯石の沈着を防止し虫歯を予防

 

・塩化リゾチーム

 

  歯ぐきの出血や炎症を抑制し、歯周病菌を消毒する

 

・ε-アミノカプロン酸

 

  歯ぐきの出血やむくみを抑制する

 

・塩化セチルピリジウム

 

  歯周病の原因菌を殺菌する

 

・これ一本でお口の悩みの大部分をカバーします。

 

 

>>薬用OraPearl

 

 

 

 

 

薬用オーラクリスタ―・ゼロ

 

歯磨き粉,安全,ランキング

 

>>口臭予防99.7% 薬用オーラクリスターゼロ

 

 

こちらの商品は歯磨き粉ではありませんが、歯磨きだけではどうしても口臭が消えないという方に大人気の商品です。

 

口の中に「シュッ」とスプレーするだけで、口臭が消えます。

 

「腐った卵の臭い」の硫化水素、「血なまぐさい臭い」のメチルメルカプタン、「生ごみのような臭い」のジメチルサルファイドの3大口臭を抑えます。

 

他にも、歯周炎予防、虫歯予防、歯周病予防、ホワイトニングの嬉しい4つの薬用効果があります。

 

また、持ち運びが便利なのでいつでもどこでも気になったときに使用することができます。

 

即効性もあり、スプレーしてすぐに口臭を抑えることができます。

 

 

>>口臭予防99.7% 薬用オーラクリスターゼロ

 

 

 

 

 

市場に出回っている歯磨き粉は体に良くないってほんと?

 

市販されている歯磨き粉の多くが体によく無い成分を含んでいることをご存知でしょうか?

 

確かに、そのような体に悪影響を与える成分が含まれていますが、わずかな量しか含まれていません。

 

ある一定の量を超えなければ特に人体に影響を与えることはないはずです。

 

日本は他国と比べるとその辺の基準は厳しく設定されているので大丈夫だと思います。

 

しかし、歯科医の多くが一般に市販されている歯磨き粉をおすすめしないのはなぜでしょうか。

 

 

 

 

 

体に良くない歯磨き粉の成分とは?

 

発泡剤

 

ラウリル硫酸ナトリウム
ショ糖脂肪酸エステル
ラウロイルサルコシンソーダ
ラウロイルサルコシンナトリウム
N-ラウロイル-L-グルタミン酸ナトリウム

 

この発泡剤は歯磨き粉が泡立つようにするためのものです。

 

なぜ泡立つようにするかというと、気分です。

 

石鹸というと泡立たないと洗った気がしないし、汚れが落ちないような気がしませんか。

 

そういう先入観があるみたいで、泡立たない石鹸は売れないようなんです。

 

それでは困るので、わざわざ発泡剤を入れているというわけです。

 

でも、体に良くないなら入れなくてもいいですね。

 

体に及ぼす影響に発がん性があるそうです。

 

 

 

研磨剤

 

リン酸水素カルシウム
水酸化アルミニウム
無水ケイ素
炭酸カルシウム
水和シリカ
マイクロビーズ

 

これらの成分は研磨剤で、歯の表面を削って白い歯にするために含まれています。

 

体に及ぼす影響は記憶障害やアルツハイマー、注意力欠陥、味覚障害などがあります。

 

マイクロビーズにおいては、人体への悪影響の他に環境についても悪影響を及ぼしています。

 

 

 

保湿剤

 

プロピレングリコール
ソルビトール
グリセリン

 

これらの成分は口の中を保湿する成分です。

 

年齢やその他の原因で唾液が減少している方にはいいですね。

 

体に及ぼす影響については、発がん性があり、歯の成長を妨げるといわれています。

 

歯磨き粉に歯の成長を妨げる成分が入ってるって複雑ですね。

 

 

 

甘味料

 

サッカリン

 

子供の歯磨き粉で、いろんな味のついたものが発売されていますが、それらに使用されている甘味料です。

 

発がん性があるようですが、小さいころバナナ味が好きで舐めていました。

 

誰にということもないんですが、とりあえず謝っておきます。

 

すいません。

 

 

 

安定剤

 

酸化Ti

 

増粘安定剤と言って歯磨き粉の粘りを出すために使われています。

 

発がん性やアルツハイマー、不妊の危険性があります。

 

 

 

着色料

 

赤色〇号など

 

着色料によって歯磨き粉はそれぞれいろいろな色が付けられています。

 

イメージも大事ですが、発がん性や催奇形性(さいきけいせい)、精神障害の危険性が着色料にはあるようです。

 

催奇形性は妊婦の方が使用すると胎児に奇形を発生させる可能性があるということです。

 

 

 

保存料

 

安息香酸

 

発がん性や細胞の突然変異が起こる危険性があります。

 

 

 

 

 

ラウリル硫酸Naに注意しよう!

 

ラウリル硫酸ナトリウムは白内障や味覚障害の原因になると疑われています。

 

実際にアメリカや欧米の一部ではラウリル硫酸ナトリウムの使用を禁止している国もあります。

 

ラウリルサン硫酸ナトリウムは界面活性剤の一つで、いわゆる発泡剤といわれる成分です。

 

発泡剤とは何かというと歯磨き粉の泡立ちを良くするためのものです。

 

なぜ泡立ちを良くするのかわかりますか?

 

これは、汚れを落とすためではありません。

 

実はその歯磨き粉が売れるようにするためです。

 

一番分かり安い例で言うと洗濯洗剤です。

 

洗濯洗剤は泡立ちがいいほど汚れを落としているように見えますよね。

 

しかし、洗剤の泡立ちと汚れの落ち方にはまったく関係がありません。

 

実際にこの必要のない発泡剤を配合していない洗剤が売られたそうですが、全く売れなかったそうです。

 

なので、洗剤が売れるように、わざわざ発泡剤を入れて泡立ちを良くしているんです。

 

歯磨き粉も同じで泡立ちがいいほうが売れるからです。

 

しかし、汚れを落とすのに必要ないうえに体に悪いと疑われているのなら必要がありません。

 

メーカーはそのことをもっと消費者に情報提供するべきではないでしょうか。

 

体に悪いと疑われている発泡剤なんて入れないでいいから、もっと安くしてもらいたいものです。

 

 

 

発がん性の危険がある成分とは?

 

プロピレングリコールやサッカリンナトリウム、フッ素は発がん性が疑われている成分です。

 

このように書くと何で損のものを使ってるんだと疑問に思えますが、それなりの効果が期待でき、毒性も量的な問題で少量であれば大丈夫ということです。

 

ただ、大丈夫と言われていても変わることもあるので怖いですよね。

 

プロピレングリコールは、保湿剤として歯磨き粉で使用されていますが、他にも潤滑剤や乳化剤、不凍液などに使われ、防カビ性にも優れているために医薬品や化粧品、麺やおにぎりなどいろいろなものに使用されています。

 

サッカリンナトリウムは甘味料として子供用の歯磨き粉に使用されています。

 

その甘さは砂糖の500倍ともいわれ、加工食品などにも使用されています。

 

フッ素は歯の再石灰化を促進するため、多くの歯磨き粉に含まれています。

 

フッ素は少量なら大丈夫という意見と少量でも危険という意見に分かれています。

 

初期虫歯では歯の表面のエナメル質という方い部分が溶けてきます。

 

それを修復する再石灰化をフッ素が促進します。

 

ただ、意見が分かれていると思うとちょっと微妙な感じですね。

 

フッ素に変わる他の成分はないものなんでしょうか。

 

 

 

 

 

人体に良くない成分が含まれているのになぜ売ってるの?

 

なぜ危険性の高い成分を含んだ歯磨き粉を売っているんでしょうか?

 

なぜでしょう?

 

答えは、稼げるからです。

 

天然成分で安全なものを使っても作れますが、少し値段が高くなってしまいます。

 

歯みがきは毎日するものなので、歯磨き粉も安価なものが売れます。

 

その売り上げから利益を出すには安い原料を使うことになってしまいます。

 

ただ、少しの量しか使わないので体に影響を及ぼすことはないと思いますが、絶対大丈夫と言いきれないところもあります。

 

絶対大丈夫といわれても少し心配になってしまいますが。

 

 

 

 

 

歯みがきの後は口をゆすぐから大丈夫?

 

体に悪い成分が少しぐらい含まれていても歯磨きの後は口をゆすぐから大丈夫だと思っていませんか?

 

人間の体は腸から栄養を吸収しますが、経皮吸収と言って皮膚からも吸収します。

 

吸収するといっても、物質を構成している分子が大きいと吸収できません。

 

例えば、子供が泥遊びをしていてもその泥を肌から吸収するということはありません。

 

皮膚から吸収する場合というのは、物質を構成している分子が皮膚の網目を抜けるぐらい小さい場合です。

 

筋肉の痛みに効く塗り薬や、禁煙するときに使用するニコチンパッチのことを考えると分かりやすいかもしれません。

 

同じように口の中の粘膜からも吸収します。

 

ゆすぐからと言っても、口に含んだ時点で吸収し始めてしまいます。

 

このように書くとなんだかすごく怖くなってしまいますが、量的には大丈夫なはずですので、あまり心配する必要はないと思います。

 

それでも、気にする人は気にするんでしょうね。

 

 

 

 

 

歯磨き粉の選び方

 

歯磨き粉にはペースト、ジェル、デンタルリンスの3つのタイプがあります。

 

 

 

ペーストタイプ

 

ペーストタイプの歯磨き粉は皆さんが使用している一般的な歯磨き粉です。

 

ドラッグストアなどで安く売られていて毎日使用しているという方も多いと思います。

 

研磨材が含まれていて歯についた汚れを落として元の歯の自然な色に戻します。

 

また、発泡剤が入っているので使用感も良くなっています。

 

しかし、研磨剤の入った歯磨き粉でゴシゴシ磨いてしまうと歯を傷つけることもあり、その傷に汚れが入り込んで余計に汚くなってしまうこともあります。

 

発泡剤は泡立ちを良くするために含まれていますが、泡立ちがいいのできれいに磨いた気分になってしまって逆に磨き残しが多くなってしまうこともあります。

 

 

 

ジェルタイプ

 

ジェルタイプの歯磨き粉には研磨剤が含まれていません。

 

研磨材が気になる方はこちらを利用するといいと思います。

 

特に、歯周病に感染して歯茎が下がってくると歯の根元の象牙質というやわらかい部分を研磨材で傷つけてしまうのでこちらのジェルタイプがおすすめです。

 

ただ、歯の黄ばみなどが気になる場合には研磨剤が入っていないので、酵素などの汚れを落とす成分が含まれているものを選ぶといいでしょう。

 

 

 

デンタルリンス

 

デンタルリンスという当該をするものだと思っている方も多いと思いますが、普通の歯磨き粉のように歯を磨く液体歯磨きというものもあります。

 

液体歯磨きは有効成分を口全体、隅々に行き渡らせることができるのがメリットです。

 

ジェルタイプと同じように研磨剤を含んでいませんので、研磨剤が気になる方はこちらを使用するといいでしょう。

 

 

 

 

 

歯磨き粉に含まれる有効成分

 

歯磨き粉にはそれぞれ悩みに応じた専用の歯磨き粉とほとんどの悩みをカバーするオールインワンのものとあります。

 

その効果を期待するならやっぱり専用の歯磨き粉を使用することをおすすめします。

 

では、それぞれの歯磨き粉に含まれる有効成分にはどのようなものがるのでしょうか。

 

 

 

虫歯予防

 

虫歯予防に効果がある成分はフッ素です。

 

虫歯予防を目的とした歯磨き粉の場合には、フッ素を配合しているものにしましょう。

 

フッ素は歯の再石灰化を促進し、傷んだ歯を修復します。

 

他にも虫歯の原因となる細菌の働きを弱める効果があります。

 

歯の再石灰化ですぐに修復されるわけではないので、毎日コツコツケアすることが大切です。

 

フッ素を含んだ歯磨き粉の場合、歯を磨いてすすぐときに、すすぎをやり過ぎると有効成分が全部流れてしまいますので気を付けましょう。

 

フッ素についてはいろいろな意見がありますが発がん性の危険があるということも言われていますので気になる方は控えたほうがいいかもしれません。

 

 

 

歯周病予防

 

歯周病を予防にはクロルヘキシジンなどの殺菌成分が含まれているといいです。

 

歯周病を予防するには丁寧なブラッシングで歯垢をきれいに取り除くことが一番効果的です。

 

ただ、ブラッシングだけで歯垢を100%取り除くことは不可能と言われているので、残った細菌を殺菌する成分が含まれていることが望ましいです。

 

 

 

知覚過敏

 

知覚過敏には乳酸アルミニウムや硝酸カリウムなどの成分が含まれている歯磨き粉が効果的です。

 

これらの成分が歯をコーティングしてくれますので、軽い知覚過敏なら治ってしまいます。

 

ただ、症状が重い場合には歯医者さんに行く必要があります。

 

 

 

 

 

最後に

 

歯磨き粉には、量的には体に影響を与えるとは言えないかもしれませんが、人体に悪影響を及ぼす成分が含まれていることは確かです。

 

気になってしまう人は気になってしまうと思います。

 

今回ご紹介した歯磨き粉は、そのような成分を含んでいません。

 

中でも一番のおすすめは第一位の「プロポデンタルリンスR&C」です。

 

とても人気があって今一番売れています。

 

今なら全額返金保証もついていますので、気軽に試せると思います。

 

 

>>歯周病菌をスッキリ殺菌!プロポリス配合!薬用液体ハミガキ【プロポデンタルリンス】